Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

もつ焼きでん蒲田店

三度目の緊急事態宣言の発令が決まり、期間中は飲食店でのアルコール提供が禁止されることが確定的、暫くは外で飲めない日々が続くのは私にとって大変に厳しいことだが、もっと厳しいのは店だ。

 

私はほんの少しだけ早退し、蒲田のもつ焼きでんに立ち寄った。

定時まで働いている場合ではないのだ。


f:id:OKComputer:20210422185759j:image

680円だった赤星大瓶が、720円になっていた。

 


f:id:OKComputer:20210422185852j:image

アブラ刺。

安定の旨さ。


f:id:OKComputer:20210422185922j:image

豚なんこつ煮。

間違いの無い旨さ。


f:id:OKComputer:20210422185939j:image

380円だったレモンサワーは、420円になっていた。

 


f:id:OKComputer:20210422190012j:image

ハラミネギポン酢。

ネギポン酢シリーズは強すぎる塩味に辟易することなく、旨い。


f:id:OKComputer:20210422192116j:image

380円だったバイスサワーは、420円になっていた。


f:id:OKComputer:20210422192129j:image

サービスです、と貰ったハツ刺。

 

締めて2700円、酒類の値上げはあっても依然良心的な価格のもつ焼きでん。

この場所が奪われる哀しみに、今は耐えるしかない。

復活した暁には、また来よう。


f:id:OKComputer:20210423130237j:image

愛する蒲田の街は、私に東南アジアを彷彿させる。

バンコクハノイの喧騒が、なんだかとても懐かしい。