Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

今月のウイスキー

2ヶ月に一度のペースで目白に髪を切りに行くついでに、目白田中屋でウイスキーを2本買うのも完全に習慣化。

寝る前にチビチビと飲み、2ヶ月かけて2本のウイスキーを空けることまでが習慣化している。

 

f:id:OKComputer:20210311075105j:image

今回の獲物は、グレンファークラス12年(1L)と、ボウモア12年。

いっさいヒネリのない、王道なチョイスである。

 

バランス系のグレンファークラスは、前回も購入した、今や個人的定番ウイスキー。価格も相対的には手頃で常備したい1本。

これ系で飲み比べちゃうとグレンドロナック12年の方が深みがあって好みなのだが、コスパを考えるとこちらで充分。味のみならず、価格も含めたバランスは一番だ。

 

一方でアイラモルトの優等生、ボウモア12年を買うのは凄く久し振り。

ラフロイグより押さえ目のピート香、しかしアイランドモルトのハイランドパークに比べると強い。

これも個性派揃いのアイラモルトのなかでは、バランスが良いといっても差し支えあるまい。

我が最愛のアードベグには叶わないものの、コスパはよく、これはこれで美味しいウイスキーである。

 

ウイスキーはいいものだなぁ。

再来月の田中屋再訪が楽しみだ。