Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

一麺入魂らーめん潤蒲田店

半休取得して持病の薬を貰いに病院へ。

 

蒲田駅、10時。

このまま会社に向かうか、蒲田で早めのブランチとるか少し悩んだ末に、向かった先はらーめん潤。

この店は10時開店なのである。


f:id:OKComputer:20210205185419j:image

おっと、そそる限定もあるじゃないか。


f:id:OKComputer:20210205185405j:image

しかし、この日のオーダーはニラ肉味噌らーめん、味玉。

前夜泥酔してパンツ一丁で寝てしまった私は朝から喉の違和感が酷く、こんなご時世に風邪でもひこうものなら大変なので、予防薬的にこちらのスタミナメニューを選択したのである。

 

たっぷりのニラとタマネギと肉味噌、更に刻み生姜かと思った黄色い物体の正体は、ラーメン二郎もびっくりの大量の刻みニンニクだった。

 

初めて頼んだメニューだけど、これはかなり旨い。

煮干し出汁醤油スープに背脂に極太麺といういつもの潤、そして徐々に肉味噌をスープに溶かしていくと、コクが増していく。

しかしながら潤のレーゾンデートルを構成する要素である岩のりがないのは、少し物足りないのであった。次頼む機会あらば、岩のりトッピングはマストだ。

 

野菜と肉味噌をサルベージするのに最適な穴あきレンゲのお陰で、刻みニンニクまでも全てさらってしまった。

ま、コロナ対策のマスクがニンニクスメル避けとなってくれることだろう。

 

次は潤次郎を頼んでみようかな。

 

ごちそうさまでした。