Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

なかむら屋(上野毛)

会社を休んで、年老いた母の役所行脚の為に運転手を務める。

ついでにリクエストされた雑用もこなし、実家で母親を下ろしたのは2時半のことだった。

 

やっとランチだ。腹減った。

 

向かった先は、

f:id:OKComputer:20210122063116j:image

上野毛のなかむら屋であります。

三台分のスペースがあるなかむら屋の駐車場は満車で、やむ無く近隣のコインパーキングに車を停めたのだが、店に到着すると私と入れ替わるように客が2人出て、店内には1人しか客がいなかった。

バッドタイミング。


f:id:OKComputer:20210122063126j:image

なかむら屋ではつけ麺推しの私だが、寒いこの日、ネギチャーシュー麺をオーダーした。

平打ちの中細麺は、ラーショスタンダードよりは一回り太い。

これ、よく考えたらつけ麺の麺と一緒ですな。

 

ライトな豚骨醤油スープにクマノテという謎の調味料を纏ったネギ、出涸らし風なホロホロのチャーシュー、これぞラーショの真髄、旨い。

とても満足したのだが、やはりなかむら屋では代替不能な唯一無二のつけ麺を食さないと、充たされぬ想いのようなものが残る。

 

次は絶対につけ麺にしよう。

 

そして車では来ずに、ビールを飲みながら着丼を待とう。

 

ごちそうさまでした。