Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

今月のウイスキー

2ヶ月に一度のペースで目白に髪を切りにいくついでに、目白田中屋でウイスキーを買うのも習慣化。


f:id:OKComputer:20210103131650j:image

今回の獲物はすっかり私の定番と化したスペイサイドモルトグレンファークラスの12年と、前回は限定の8年を購入したハイランドモルトのグレンドロナック12年。

 

もう、グレンファークラスの12年に関しては、何も言うことがない。

王道、正統シングル・モルト、この銘柄を好きになれないなら恐らくその人は決してシングル・モルトを好きになることがないだろうと私は思う。

 

という訳で、グレンドロナックの12年である。

甘い。

グレンファークラスと同様のシェリー樽熟成だが、甘いフレーバーはこちらの方が数段上だ。香りのみならず、舌にのせた瞬間に強い甘味を感じる。

そして、深い。

やはり8年は若いんだな。熟成が進み、角が取れ、芳醇な味。

たいていのウイスキーは寝酒に向いているが、優しくて深いグレンドロナックは、特に寝酒に向いているように思う。

 

しかし、今回買ったどちらのウイスキーシェリー樽熟成ということで、キャラが被ってしまったな。

次回は個性の強いヤツを買おう。