Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

いきなりステーキ蒲田店

2020年12月よりメニューを一新したといういきなりステーキ、元いきなり君としては興味がないこともなく、とある土曜日のランチに蒲田に出向いた。


f:id:OKComputer:20201228175933j:image

マイレージシステムの変更も同時に行われたようだが、私のプラチナ会員の地位は保持され、かつアルコール飲料が無料でサービスされる点にも変わりはなかった。

 

しかしながらランチは平日に限定され土日はなし、更に付け合わせ変更が出来なくなっていた点は改悪である。


f:id:OKComputer:20201228175943j:image

こちらが気になる新メニュー、テンダー・カット・ステーキ。厚切りのワイルドステーキと異なる薄くカットされた肉だ。

いつものクセで塩胡椒を振ってしまったが、予め味付けされていた。

ダイレクトに肉を味わいたい私には、ワイルドステーキの方が好ましいかな。

 

お会計は400円程残っていた肉マネー、不足分は現金で。

これで遂にいきなりステーキとの蜜月が完全に終わったような気がする。

 

いきなりステーキのことを応援したい気持ちは充分にあるのだが、オフィス近くの店舗が相次いで閉店となり、普段のランチに使えないので最早身近な存在とは言い難い。

自宅からは最寄りのここ蒲田店も、ランチは平日のみとなり、休みの日にわざわざ出向こうという気になりにくい。

そもそも蒲田の街には魅力的なラーメン屋や飲み屋が多く、ステーキという選択になりにくいの事情もある。

 

付かず離れず。

そんな関係性にならざるをえない。