Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

寿々喜(蒲田)

会社休んで役所行脚。

 

そう言えば大田区役所は愛する蒲田の街にあるのだった。

ランチは蒲田の有名鰻店でとりますか。
f:id:OKComputer:20201127150735j:image

と、訪れたのは蒲田駅西口の超老舗鰻店、寿々喜。

数軒先の荒木屋に通っていた頃にこの店の賑わいはよく目にしていたものの、実は初訪問であります。


f:id:OKComputer:20201127150743j:image

いきなりサーブされるスープとサラダとプラチナ会員特典のお新香。


f:id:OKComputer:20201127150752j:image

そしてこちらが寿々喜名物の赤重。

なんと、予め蓋が外された状態、ワイルドというか、どうせ直ぐに外す蓋など不要というのが寿々喜スタイルなのだろう。

 

蒸しは軽め、焼き強めで仕上げた鰻は、愛知以西を彷彿させる関西的な仕上がり。

タレは塩味強めであまり深みを感じない味。

そもそも鰻が少し冷めているのは如何なものか?

ボリュームがあり、値段も比較的手頃で悪くはないのだが、蒲田の老舗というだけで個人的に期待値がとても上がっていたので、少し残念な気分。

 

庶民的な街の、庶民的な鰻屋という位置付けが、この店の持ち味なのだろう。

庶民的な、と言い切るには少し高いけど。

鰻ですからね。