Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

イワシ泳がせ初戦・・・千鯛丸(千倉)

5時半集合の千鯛丸。4時半に白浜のホテル・カームを出発、途中コンビニで食材を調達し5時丁度に千倉港に到着すると、既に私以外は全員揃っていた。

 

「定時よりだいぶ早いけど出ま~す」と、5時半ちょい前に河岸払い。

 

まだ陽の昇る前の薄暗いなか開始の合図。

 

大潮とは言えそこは外房、

「ダメだ~、全然潮がながれねぇや~。」

とお馴染みの船長のぼやき節が早くも炸裂した。


f:id:OKComputer:20201115152735j:image

ビューティフル朝焼け。

ホテル・カームに宿泊したお陰で、同じハンドルネームを持つ、釣りとラーメンと将棋をこよなく愛する横浜の御仁が私に憑依したようだ。

 

程なくこの日最初のアタリ到来。

ヒラメ的なカジカジするアタリだ。

充分に待って本アタリっぽくなったところでゆっくりと聞き上げるとヒット!が、引かない。引きが弱すぎる。

 

上がってきたのは目測1kg弱のソゲだった。

しかし、マハタオリエンテッドの10号ハリスに孫針外した極太一本針の男の仕掛けでソゲが釣れたのは、アングラーとしては喜ぶべきことかもしれない。

 

これでホッとして残りの時間は全て中層を狙うことにした。狙うは勿論良型のマハタだ。

 

底から3m切ったタナで待っていると、ガツン、と一気に食いつくアタリ到来!

すわ、良型マハタかと興奮するも引きが弱い。

上がってきたのは1kg程のマハタ

嬉しいけれど、男の10号ハリス極太一本針仕掛けでは物足りないサイズではある。

 

次も同じタナでガツン!

今度こそ良型マハタかと興奮する間もなく重みが抜ける。

回収すると男の10号ハリスがスパッと切られ、針が丸飲みされていた。

サワラでも回っているのだろうか?

 

またまたドカン!とつよいアタリ。

今度こそ良型マハタだと思った魚は色が違った。

f:id:OKComputer:20201117095018j:image

 

その次の弱いアタリはカサゴメバルかなと思ったら、300g程のスモールマハタだった。

ダメージなかったのでリリース。

 

後半はアタリが全く無くなった。

6号ハリス孫針付軟弱仕掛けに変えて底を狙ってみた方がアタリは増えるはずだが、私の狙いはあくまで良型マハタなのである。

 

男の10号ハリス極太一本針仕掛けで最後まで諦めず中層を狙う。

俺は男だ!(千倉の海より、男らしくない千葉県知事に捧ぐ)

 

【釣果】
5時30分出船、11時30分沖揚がり
マハタ2尾(0.9kg,リリース)、ヒラメ1枚(0.8kg)、チカメキントキ、イナダ

 

【タックル】
ロッド:DAIWA 早舟ヒラメ M-270
リール:DAIWA SALTIGA-Z30L
ライン:PE3号、リーダー:フロロ40lb

 

【本日の総括】
本命マハタの顔を拝めれば充分という釣りなのだが、最近の好調さ、そしてこの2年間はマハタ狙っても小型かボウズのみで終わっていた負の連鎖を断ち切るに絶好の機会と臨んだこの日、満足感は全くない。

 

来春まで続くロングラン種目、リベンジの機会はいくらでもあるだろう。


f:id:OKComputer:20201117182106j:image

ヒラメもマハタも小さいが、外道のキントキまでもが小さかった。

一番の大物はイナダであったが、あまり好きではない魚な上に量的にももて余すので海にお引き取り頂き、捕れ高は非常に限られたものであった。

 

キントキは刺身、ソゲは半身を刺身、残り半身をムニエルで美味しく頂いた。

 

マハタは二晩寝かせて勿論刺身。

小さくともメチャクチャ旨い。

 

どんどん魚が美味しくなる季節、真鯛もカワハギも行きたいし、イワシ泳がせリベンジもしたいし、そもそも最近の嗜好としては、休みの日こそ長い距離を走るチャンスでもある。

 

なかなか忙しくなってきた。