Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

梓川サービスエリア

黒部ダム見学を終え、扇沢バスステーションから長野道を目指して車を走らせる。

 

信濃大町の管理釣場、鹿島槍ガーデンに足繁く通っていた頃に幾度となく利用した豊科インターチェンジは、安曇野ICへと名前が変わっていた。

知名度や観光客への親切さという点では、確かに豊科よりは安曇野という名の方が良かろう。

 

この旧豊科、現安曇野ICから中央道方面へ走りはじめて一つ目のSAが梓川

蕎麦処安曇野故にとにかく蕎麦が旨いので、鹿島槍ガーデン利用時の帰りに、いつも立ち寄っていた思い出のSAだ。


f:id:OKComputer:20201029090638j:image

いつもはフードコートで済ますのだが、この日は時間にも気分にも余裕があったのでレストランに入る。

オーダーは山菜とろろそば。

安曇野の豊かな自然の恵みを頂きます。

 

旨い。

旨いのだがコスパを考えるなら、フードコートのソバの方が良い気がする。

しかしながら、添えられた卵黄を割ってびっくり。

味がとんでもなく濃くて、感動的に旨い卵である。

コスパを考慮しなければ、フードコートのソバよりもこちらの方が旨いな。

って、当然か。

 

食後にコーヒーを飲み、トイレを済ませたら、諏訪湖に向けてドライブ再開だ。