Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

吉野家的糖質制限の終焉

「只今ライザップ牛サラダは販売を休止しております。」とその店員は言い放ったのである。

 

いつまで休止かは分からないが、少なくとも今提供している限定メニューが終わるまでは、再開しないだろうとのこと。

 

なんてことだ。

 

店を変えようかとも思ったが、腰のリハビリに形成外科までやってきたついでなのだ、昼休みは残り少ない。


f:id:OKComputer:20201005125710j:image

そんな訳で、ひと頃盛んに推していた、肉だく牛カレーなるものと生卵をオーダー。

松屋のカレーは馴染みがある(とは言えリニューアル後は食べてない)が、牛丼一筋の吉野家のカレー、とても興味があったのは事実だ。

 

ん?業務用レトルトカレーをベースに、かなり強い酸味が乗っている。

ちょい足しレシピ的なベクトルで、独自性を出そうという目論見だろうか?

しかし、この目論見は私の好みとは相容れないものであった。

糞不味い。

牛肉の甘味と酸味が喧嘩して、折角の肉だくも台無しである。

嗚呼、久し振りのご飯だったのに。

こんなことなら素直に牛丼にしておけばよかったなぁ。

 

肉は完食し、ご飯とカレーは半分残してご馳走さま。

牛丼一筋の吉野家では、やはり牛丼に限るようだ。

って、最近はライザップ牛サラダしか食べてませんけど。