Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

BASSO江戸川橋

健康診断を終えると14時過ぎ。

お腹も空いたし、最早健康に気を付ける必要もないので、ラードギトギトのラーメンを食べようと札幌ラーメンの三ん寅に向かう。

 

14時半というオフピーク、更に台風の影響でしとしとと雨が降っているのにも関わらず、なんと5人も並んでいた。

 

当然の如くスルーして、向かった先はいつものBASSO江戸川橋

 


f:id:OKComputer:20200924171631j:image

久し振りの特製煮干しそば、並盛。

 

凪に代表される煮干しが主役の濃厚ニボニボラーメンとは一線を画す、出汁に徹した煮干しが醤油スープに風味と旨味を付与する、上品な一杯。

つけ麺より細い麺が、このスープにマッチしてとても美味しい。

トッピングの具材の旨さは言うまでもない。

 

無化調ながらもオイリーなスープなので、上品ながらも、杉ちゃん(故人)並みのワイルドさ(死語)も感じられるのが、BASSOの最大の特徴だろう。

 

野趣原理主義を卒業し、ラーメンの多様性を認めるに吝かでない私だが、BASSOを評価すると、最もバランスの取れたラーメン、という位置付けになろう。

 

ごちそうさまでした。