Everything in Its Right Place

釣り、旅、音楽、食事、酒場探訪、ジョグ等々

ノッコマズ・・・野毛屋

前日予約を入れた時には6人しかいないとのことだったが、蓋を開けてみれば片舷8人だか9人。

徐々に賑わいを取り戻してきたのは夜の町のみならず、釣り船も同じだ。


f:id:OKComputer:20200526064908j:image

冬ならば昇る朝日を見ながらの出船も、この時期の陽はこんなにも高い。

 

そしてこの日も浅場のノッコミポイントは攻めず、50~60m中心、浅くても40m、深いと75mぐらい。

 

朝の一流し目で小さいながらも本命とご対面。

その次の次の流しでも、似たようなサイズを追加した。

上げ潮の申し子を自認するワタクシ、つまりは後半戦でこそ真価を発揮する私が朝早くから2枚も釣ってしまうなんて、これは鯛大漁の予感。

久し振りにもちすぎ君が降臨してしまうかもしれない。

しかし...。


f:id:OKComputer:20200526064922j:image

【釣果】
7時15分出船、15時40分沖揚がり

真鯛2枚(0.6kg、0.7kg)

外道:サバ

 

【タックル】
ロッド:がまかつ桜幻 B68-L solid.R

リール:DAIWA RYOGA BAY JIGGING C1012PE-HWL
ライン:PE0.8号、リーダー:フロロ4号

<キャスティング>
ロッド:Major Craft GIANT KILLING S73L/TR
リール:SHIMANO Vanquish C3000
ライン:PE0.8号、リーダー:フロロ3.5号

 

【本日の総括】
下げ潮タイム後半からアタリがなくなり、期待の上げ潮は船中不発。

朝方の活性からすればなんとも不思議な展開となったが、様子が急変するのも真鯛釣りというもの。

 

さて、横須賀沖ノッコミの真鯛は何処に行ってしまったのだろうか?

 

前回乗船時、ベテラン船長のCPUGさんは、三海堡のノッコミはこれからだ、宣っていた。

しかし若き船長CPYKさんによれば、既に叩いてしまったのでは、とのこと。

第二忠丸の二人の船長の見立ては真逆だ。


f:id:OKComputer:20200526065018j:image

実際に、オスの真鯛からは小さな白子が出てきた。

これは未成熟と見るべきか、叩いた後とみるべきか、私には判断がつかない。


f:id:OKComputer:20200526065033j:image

秋冬の脂のノリはなくとも、このサイズの東京湾真鯛は季節を問わず旨い。


f:id:OKComputer:20200526065043j:image

今日はホウボウは釣れなかったので、真鯛でムニエルのバルサミコソースを。

フワフワ食感でホウボウとは全く異なる味、これはこれでアリです。

 

4月末に3.7kgのオスは釣ったけど、その後はボウズに、濃霧で引き返したりと冴えないノッコミシーズンとなっている。

さて、この先どうなるだろうか?