Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

CoCo壱番屋

ある日のランチは、CoCo壱番屋にて。


f:id:OKComputer:20200508070157j:image

はい。

いつも通りです。

 

低糖質カレー、チキンにこみ、納豆、半熟卵。

店内はガラガラだが、Uber Eatsの配達員とテイクアウトの客はひっきりなしに訪れていた。

 

そうそう、最近マイカー通勤を続けているのだが、自転車、というかロードバイクを颯爽と漕ぐUber Eatsの配達員は都内至るところで目につく。矢鱈と目につく。

また、自転車ブームも相俟って、私同様、通勤の足を公共交通機関からマイカーへと変更したサラリーマンが、自家用車ではなくマイチャリを利用しているケースも多いのだと思う。

 

狭いスペースでもビュンビュン飛ばす彼等は、ドライバーから見ると結構厄介な存在でもある。

あと、動きが予想できないというか、意外と左右への振れ幅が大きいので、ヒヤリとする場面も少なからずある。

ま、私が平日の一般道を運転することに慣れていないように、平日の一般道を走るサイクリストたちがこの状況に慣れていないのかもしれない。

 

ちなみに私もUber Eatsアプリをダウンロードしてみたのだが、stayhomeしていないので未だ使ったことはない。