Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

自粛明け・・・野毛屋(金沢八景)

いい天気だなぁ。

f:id:OKComputer:20200510174113j:image

2020年東京湾ノッコミ真鯛第二戦。


f:id:OKComputer:20200510174133j:image

沖に出ると雲が優勢、更に南西風強く海も悪め。

しかしこれは真鯛釣りにはむしろ好条件とも言える。

 

真鯛狙いのチャーター船は、ここのところ一様に20m以浅の浅場を攻めているのだが、この日のキャプテンの狙いは50m~80mの深いポイントばかり。

45gの軽いオモリをスピニングタックルにセットしていた私は、軽く肩透かしを喰らった格好だ。

ほぼ終日100gをバーチカルで、という冬パターンで攻めることとなった。

 

季節柄、厄介モノのアカクラゲは多かったものの、潮は上げも下げもガンガン流れ、潮型も悪くなく、釣れそうな気配は濃厚だったのだが...。


f:id:OKComputer:20200512063002j:image

 

【釣果】
7時15分出船、15時30分沖揚がり

外道:サバ

 

【タックル】
ロッド:ZENITH零式 LIGHT G-TOP L

リール:DAIWA RYOGA BAY JIGGING C1012PE-HWL
ライン:PE0.8号、リーダー:フロロ4号

<キャスティング>
ロッド:Major Craft GIANT KILLING S73L/TR
リール:SHIMANO Vanquish C3000
ライン:PE0.8号、リーダー:フロロ3.5号

 

【本日の総括】
キャスティングでサバ1尾。

本命はアタリすらなく、清々しい程の撃沈。

船全体でも数も型もまるでダメな一日だった。

ま、真鯛釣りにはボウズは付き物、次の潮も頑張りましょう。

次回は是非浅場も攻めて頂きたい!

なんというか、船に乗ること自体の有り難みが身に染みるご時世、悔しさを感じることもなく、見据えるは前のみである。


f:id:OKComputer:20200510174233j:image

客じゃない人が釣った良型ホウボウを頂いたので、おかずは一品確保。これもまたある意味で野毛屋スタイルではある。

熱を通すとギュッと身が締まるホウボウは、まるでムニエルになるために生まれてきたかのよう。

 

昨年末以降、東京湾真鯛ポイントで釣れるホウボウは、何故だか平均的に型が良くなっているように思われ、従ってリリースせずに持ち帰る頻度も増えているような気がする。

 

そういえば、ブイヤベース発祥の地マルセイユでは、ホウボウを入れないブイヤベースは認めないと伝え聞く。

今度釣れたら試してみようかな。

 

なんて書いてたら次も真鯛が釣れないかもしれないけど。