Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

三ん寅(江戸川橋)

江戸川橋の三ん寅再訪。

座席数を減らしての営業継続、外の椅子で少し待ってから入店。


f:id:OKComputer:20200422201433j:image

今日のねらいは塩ラーメン。チャーシューと煮卵のトッピングを加えるとなんと1300円の高価格。

ワイルドステーキ300gとほぼ変わらないぞ。

これで美味しくなかったら許さないわよ!

寅さんに代わっておしおきよ!

 

ん?

旨い!

メチャクチャ旨いじゃないですか!

 

ラードのこってりと塩味のあっさりが良い感じで両立する。

相反する概念を同時に満たすことを知性と呼ぶならば、このスープは知性的である。

前回イマイチだったチャーシューも、この日は最高!

 

そういえば純連やすみれで塩って食べたことなかったな。

しかし私が純連すみれを訪れていたのはこってり大好き20代~30代前半にかけて。

塩に意識が向かないのも止む無しか。

 

三回訪れて三種のスープを試した感想は、塩>味噌>醤油、の順だ。

そして、塩ラーメンが一番塩分濃度も低いようで、食後の喉の渇きも皆無。

 

これは再訪必至だし、本家の塩も機会があれば試したいところだ。