Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

ラーメンビッグ(矢口)

台風を思わせるような荒天の土曜日。

我が家から見える多摩川は、昨年の台風の時のように河川敷まで溢れてはいないものの、それでもかなり増水していた。

 

風雨が収まった後に、小笠原諸島震源とするマグニチュード6.9の地震があり、我が家も多少揺れた。

 

ニュースでは、この日も東京都で181人のコロナウイルス感染者が確認され、フリーアナウンサー赤江珠緒も感染し、国内の感染者が1万人を超えたと報道されていた。

 

なんだか殺伐とした気分になったきた。

虚無感に支配されそうになってきた。

 

身体に悪いことをやってバランスをとろう。

私は開いていることを祈り、矢口のラーメンビッグを目指した。

 

17時半過ぎという中途半端な時間帯にも関わらず、店内には6名もの先客(4人連れ家族含む)がいた。

そしてワンオペの店員さんは、マスクも付けず、大声で常連さんとトークに華を咲かせている。

意識高い系のみならず、今の状況なら多くの人が眉をひそめそうなシーンだが、これでいいのだ、という気がした。

何故ならば、私の殺伐とした気分と虚無感は、ここに来ただけで明らかに軽減されたのだ。


f:id:OKComputer:20200419142440j:image

セルフサービスのビール。


f:id:OKComputer:20200419142519j:image

卓上にはラーショ系ならではのおろしニンニクとラージャン、そしてお酢


f:id:OKComputer:20200419142640j:image

チャーシューメン並。

私の麺硬めコールは華麗にスルーされたようで、ぐにゃぐにゃ。

アルデンテ原理主義を患っている私には残念なものだったが、この店のデフォルトを知っておくことも必要なのかもしれない。

勿論、次回以降はもっと大きな声で硬めコールしますけどね。

 

ラーショ系のなかでも特にライトなスープ、しかしその奥にしっかりとした旨味が感じられる。

いや、本当に旨いね、これ。

 

出汁をとった後の出涸らしのようなチャーシューも、シンプルでとても旨い。

 

半分ほど食べたところでラージャンとおろしニンニクを投入して味変。

嗚呼、幸せの味がする。

 

多くの飲食店が自粛に追い込まれ、ラーメン店も例外ではない。

営業を続けている店も、座席数を減らしたり、メニューを限定したり、色々と悩み、工夫しながら続けているような印象だ。


f:id:OKComputer:20200419142655j:image

しかし、この店にはいつもと変わらぬ日常があった。

それはもしかしたら誉められたことではないのかもしれない。

しかし、誰に非難する資格があるのだろう?