Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

くるまやラーメン横浜泉区店

私の中の2大ラーメンマスターが、それぞれのブログで同時期にくるまやラーメンの記事を投稿していた。

 

どちらかと言えばガッツリ系のラーメンマスターであるcalmさんと、どちらかと言えば淡麗系のラーメンマスターであるサマーな後輩(仮名)の記事が被るというのはとても珍しく、そのせいで私のこころになんとなくくるまやラーメンが刻まれたのだった。

 

そしてよくよく考えてみると、郊外を車で走っている時に見掛けることは多々あったが、一度も訪ねたことがないことに気が付いた。

 

これは行くしかない。

 

しかし調べてみたら、私の最寄りのくるまやラーメンは、なんと戸塚なのであった。

偶然だけど(必然か?)calmさんの庭じゃないかw。

 

そんなわけで日曜の昼下がり、私は釣りでもないのに第三京浜と横浜新道をかっ飛ばし、戸塚を目指したのだった。

 

f:id:OKComputer:20200412164906j:image

そうそう、これこれ。


f:id:OKComputer:20200412164922j:image

折角なので奮発してねぎ味噌チャーシューメンというフラッグシップで攻めてみよう。

 

半ライス無料ですがおつけしますか?という店員さんの問いには勿論NO!!!

糖質制限以前に、ラーメンライスなどという下品なメニューは認めない私である。

(ラーメン+半チャーハン除く)

 

f:id:OKComputer:20200412164939j:image

着丼。

あれ?

なんか丼がラーショっぽいな。

この時点で好印象。

 

まずはスープを一口。

うん。普通に旨い。そして仄かに甘い。

確かに悪くない。

 

しかし、ねぎの辛味、そしてねぎが纏った辣油の辛味、徐々に甘旨な味噌スープはねぎに侵食されていったのだった。

ちょっとねぎの主張が強すぎる。

 

チャーシューに関しては極めて凡庸で、私の中の修飾語を使うとしたら、たかちゃんらーめん的であった。

 

なんだろう。

なんといえばいいのだろう。

悪くない。

でも、最高という訳でもない。

 

結論としては、何かのついでに寄るなら悪くないが、往復1420円の高速料金を支払ってまで食べる必用のない一杯だと言えよう。

ま、高速料金支払ってまで食べる価値のあるラーメンなんて、全店制覇を目論むジロリアンにとっての地方店舗ぐらいなものだろうが。


f:id:OKComputer:20200412203547j:image

漢方薬届ける為に実家に立ち寄り。

保護猫さんはすっかり家猫と化し、やたらと人懐こくなっていた。