Everything in Its Right Place(SUB3.5 or DIE)

マラソン(PB3:36:04)、バンド(ベース担当)、海外独り旅(現在26ヵ国)、酒(ビール、ワイン、ウイスキー)、釣り(最近ご無沙汰)をこよなく愛する後期中年者の日常。フルマラソン・サブ3.5を本気で目指すことにしてしまった。

Kindle paperwhite

基本的に気が短いので半身浴みたいなまどろっこしいことは性格的に出来ないのである。

 

しかし、持病の腰痛が悪化している上に今年の正月休みは旅にも行けず、挙げ句の果てに初釣りも中止になるなど暇を持て余しており、ものは試しとKindle片手にぬるめのお湯に長い時間浸かってみた。

ちなみに入浴剤はきき湯のマグネシウム炭酸泉、腰痛・肩こり用であります。

 

Kindle paperwhiteは完全防水仕様なのでこんな使い方も出来る。

文庫本と違って湯舟に浸かりながら読んでも紙のようにふやけないのが良い。

しかしながら液晶が曇ってストレスフリーともいかないが。


f:id:OKComputer:20200104123030j:image

フォントのサイズ調整でき、かつバックライトが読みやすさを増し、最近近くのものが見えにくく、人生の黄昏時を迎えている私にとって、とても便利なデバイスだ。

 

便利と言えば辞書機能も内蔵されており、英文を読むときは勿論、古臭い意味の分からない単語が多数出てくる三国志を読んだ時もとても便利だった。

 

40分くらいぬるいお湯に浸かると、身体の芯まで温まり、風呂から上がっても暫く汗が引かないということを発見した。

残念ながら腰の痛みには今のところ目立った効果はないようだが。

 

のんびりと読書をしたい暇な寒い日に、この作戦は今後も使えるかもしれない。